ワンデーカラコンの度あり・度なしの違い

ワンデータイプには、度ありと度なしのカラコンがあります。
度ありと度なしのワンデーカラコンは、最近はほとんど価格が変わらなくなりました。
ブランドによって、多少差がある場合もありますが、大体が500円以内で収まる程度の差です。
度ありでも度なしでも、自分が気に入った物を選ぶのが一番です!

度なしカラコンの方がレンズの選択肢が広がる!

しかし、今でも激安ワンデーカラコンの中には、度ありに対応していない商品があったり、度ありでも度数に限界がある商品が多いです。
視力の悪さによっては、使い勝手が良くありません。
やはり、度なしのワンデーカラコンの方が、自由に好きな商品を選べます。
ワンデーカラコンは、基本的に販売数が1箱10枚とか20枚単位が多いです。
ブランドによって、枚数は違ってきますが、毎日使っている人にとっては、すごく中途半端な枚数なんです!
両眼で毎日使うのであれば、1カ月で3箱~8箱程度購入する必要が出てきます。

度ありで毎日使用の場合、両眼で1カ月5000円以上は覚悟!

マンスリーや1年タイプに比べて、1カ月に必要になる箱数が違いいので、やはり度なしでもワンデーカラコンの方が割高になります。
1箱は、大体2000円前後しますので、毎日使う場合は、1カ月両眼で5000円以上は覚悟しないといけません。
お小遣いが少ない学生さんで、度なしのカラコンをできるだけ安くしたいと思っている人は、やはりマンスリーや1年タイプの方がおススメです。
一方、レンズケアの楽さや、安全性を重視する人には、度なしのワンデーカラコンが向いています。